プラスチック(樹脂)をブロー成形で製作

身の回りにはプラスチック(樹脂)で製作された部品が使われている製品が多くありますが、お茶類やミネラルウォーター、炭酸飲料などで利用されてるペットボトルもプラスチック(樹脂)で製作された入れ物の一つです。ペットボトルは、ブロー成形と呼ばれる加工手法で製作されるものですが、ブロー成形は昔から存在するガラス瓶の製造工程を応用した技術といいます。ペットボトルは、ガラス瓶はと同じく空洞の容器で、溶融樹脂の内側から空気を吹き込んで膨らませて成形が行われるため、吹込み成形や中空成形などと呼ばれることも少なくありません。充填する液体の種類の中には、酸素の透過による酸化が懸念されるものもあるのですが、このようなボトルを作るときにはガスバリア性を持つプラスチック(樹脂)が使用されたり、薬品向け容器では耐薬品性を持つ材料を含んでいる複数の材料を層状に作る多層ブロー成形が採用されます。

代表的なものは、押出しブロー成形と射出ブロー成形の2種類です。押出しブロー成形はダイレクトブロー成形とも呼ばれるもので、加熱および可塑化したプラスチック(樹脂)を押し出して金型でパリソン(ブロー工程の前に金型内に樹脂を円筒状に押し出した予備成形状態)を成形し、それを冷却や固化などをせずに直接金型内に空気を吹き込む仕組みを持ちます。射出ブロー成形は、熱可塑性のプラスチック(樹脂)を事前に試験管状のコールドパリソンとして射出成形を行い、次工程で再び過熱を行い延伸ロッドで金型内に伸ばしながら注入し高圧の空気を吹き込むなどの仕組みです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*