プラスチック(樹脂)加工のメリットとデメリット

プラスチック(樹脂)は、石油から作られており、自由に形を成型する事が出来ます。その為合成樹脂とも呼ばれています。ではプラスチック(樹脂)を加工するメリットは何かというと、金属等他のものと比較しても色々あるので、詳しく見ていきましょう。まず加工方法が沢山あるという点です。

加熱して溶かしたプラスチック(樹脂)を金型に入れて、冷却したり圧縮して固める成型加工は、同じ金型を何回も使用出来るので大量生産する事が可能です。また固めたプラスチック(樹脂)を機械で削る切削加工というものもあります。特殊な成形が必要だったり、何回も施策をする必要がある時に重宝します。他にも3Dプリンタを利用する事も可能です。

パソコンで作った立体データをプリントするだけで、簡単に樹脂を成型する事が出来るのが魅力です。データを作成するだけで、あとは機械が自動的に整形してくれるので、複雑な構造を作る事も出来ます。他にも木材や金属等他の素材よりも軽量というのも魅力ですし、電気絶縁性に優れているというメリットもあります。それから腐食しにくいので長期間使用出来ますし、断熱性が高いというのも魅力の1つです。

一方デメリットもいいくつかあります。まず耐熱性が低いという点です。また機械的な強度は木材や金属よりもかなり低い為、軽い力や衝撃で破損してしまう事があるので、取り扱いには注意が必要です。他にも帯電しやすいので、成型時には慎重に作業をしなければなりませし、プラスチック(樹脂)は自然に分解される事がありません。

その為環境に良くないという指摘も出ています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*