プラスチック(樹脂)加工の特徴

製品を作る際に、企業では必ず完成の全体像となる模型作りから始まります。これまでの模型は紙や木材を使って構築することが多かったのですが、最新式のやり方としてプラスチック(樹脂)加工が主流になりつつあります。このプラスチック(樹脂)加工は、プラスチック樹脂が熱で固まるという性質を利用して型枠を用意して模型を作る技術です。プラスチックは色素を加えない限りは無色であり、模型を作る際に内部構造を見ることができるので製品の模型を作るのに最適になります。

そんなプラスチック(樹脂)加工ですが、最新式の方法として3dプリンターとの連動して作られるようになっています。専用のアプリをダウンロードした情報端末で画面上で模型データを作り、それをプリンターに転送することでレーザーを掃射し模型を作るのです。プリンターを作ることでより精度の高い模型を作れるようになりましたが、その恩恵をあずかれるようになったのが、病気やけがを治す医療の世界になります。病気やけがの状態を調べるためには、放射線撮影で見る形です。

しかし放射線撮影は内部を投影できますが、残念ながら見ることができるのは平面なので分かりにくく状態を確かめるのが難しいので重大な病気を見逃してしまう場合もあります。そこでプラスチック(樹脂)加工を利用することで、放射線撮影した映像を解析して転倒することで立体で病気やけがの状態を確かめることができます。そのため現状の状態を確かめられるので、適切な治療をすることで完治率が大幅に上げることに成功したのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*