試作における加工で意識すべきこと

製品の試作は加工における重要な工程です。完成品のクオリティを高めたいなら、どこに課題があるのか確かめなければなりません。そのためにはプロトタイプを制作してテストを行うことが重要になります。何度も試作を繰り返して、少しずつ加工の仕方も変えていくのが一般的です。

ただし、最初から完成品に近い状態のものができあがるケースもあります。また、プロトタイプの制作において大切なのは、あらかじめ目標を設定しておくことです。クリアしたい基準を決めておくと、それを満たすために必要な素材などを選定できます。予算との兼ね合いによって、最も効率が良い結果になるように調整することがポイントです。

その調整に苦労するケースもありますが、近年はコンピューターを用いてシミュレーションを実施できるので、手間はそれほどかかりません。さらに、時間を計っておくことも試作における加工で大切です。特に、大量生産を前提にしているなら、時間のマネジメントも不可欠な要因になります。いくら素晴らしいものでも、時間がかかりすぎると得られる利益は低いです。

したがって、時間あたりの生産性も意識して、それを高めていくことも目標になります。このように、プロトタイプの制作は実施者の目標意識による影響が大きいです。手がかりがない場合は、漫然と何度も作るケースもありますが、決して賢い方法とはいえません。ある程度の目安を設けたうえで、効率的に試していくことが基本となっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*