金型メーカーには得意領域がある?

金型メーカー、モノづくりの原型を専門にしている会社の総称です。樹脂・金属・ゴムなどの成形には欠かすことができない重要な道具ともいえるもの、一度作れば終わりではなく定期的な寸法検査を実施して図面で要求されている部品などを作ることができるのか否かを検証することが大切です。その理由の中では、どのように優れたメーカーが設計および製造を行った金型でも、部品製造を続けている間に少しずつ内側が削り取られてしまうなどで寸法が大きくなってしまうためです。特に、図面で要求されている寸法公差が小さなものなど場合は要注意です。

金型メーカーは、モノづくりの原型となるものを設計および製造するだけでなく、定期的な検査で生じた寸法誤差のための改修なども行っているところが多く、同じ会社に依頼すると設計によるノウハウを持っているため誤差データを提示することで修正の依頼ができるメリットがあります。ちなみに、別の会社に修正を依頼することもできるのですが、同じ会社に依頼した方が対象となる金型におけるノウハウを持っているため費用を抑える効果や修正に要する時間の短縮などを図ることができます。なお、メーカーの多くが樹脂やゴムだけでなく、ゴムの種類や樹脂の種類、部品の大きさなどの経験を持っているかと思われますが、その中でもどのような材料で部品がどのくらいの大きさになるのか、これによりそれぞれの金型メーカーには得意領域となるものが存在しているのが特徴です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*