金型の設計や製造を依頼するメーカー選びのポイント

樹脂部品やゴム部品は、材料を流しいて形作り金型が必要不可欠です。これは、専門メーカーが3次元図面をもとにして設計および製造を行ってくれるため、部品製造を行う会社が自ら作る必要はありません。もちろん、大きな会社の中には設計から製造を行うことができるところもありますが、一般的には専門の会社に依頼して製造して貰い寸法が図面内で要求されているものとは外れてしまったときなど修正依頼することも可能です。ゴムの中にはシリコーンゴムと呼ばれるものがあるのですが、シリコーンゴムは金属を酸化させやすい性質があり、他のゴム材料よりも金型の材質が限定されていたり、劣化の頻度に応じて修正が必要になることも少なくありません。

そのため、メーカーの中にはシリコーンゴム材料を使える製品への経験が少ないところもあるようです。どのような材料を使ってモノづくりをしているのか、そしてどのくらいの大きさの部品を成形するのか、これにより金型メーカーの選び方も変わります。対象材料やサイズの経験を多く持つ金型メーカー、これは設計および製造を依頼するときの基本的なもので最初にどの良な領域を得意としているのか、もしくはどのくらいの経験値を持つ会社であるのか調べておくことが大切です。途中で壊れてしまうなどのケースは少ないのですが、経験があまりないメーカーに依頼すると金型そのものが長持ちしないなどその都度修正が必要になるなど余計なコストもかかります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*