プラスチック(樹脂)成型の種類

プラスチック(樹脂)を成型する方法はいくつかあり、量産する場合に多く使われるのは射出形式です。溶かしたプラスチック(樹脂)を型に流し込んでから固める方法で、構造のシンプルさと作業時間の短さが量産に適しています。型にしっかり流し込むためには高い圧力が必要なので、中がドリル上になったノズルで送り込みます。そして空洞上のものを作る場合は、ブロー成型が選択されます。

熱を与えて加工ができるようになったプラスチック(樹脂)の内側から勢いよく空気を吹き付けて、外側の型に押し付けます。そうすると中が空洞になった形が出来上がります。この方法は主にペットボトルを作るために使われます。それとは逆に、吸引することで成型することもあります。

加熱したプラスチック(樹脂)を型に押し当てた場合、間には空気の層ができますが、その空気を吸引して真空状態を作り出すと、型にしっかり合った形が出来上がります。これは基本的に平べったい素材から加工していく方法なので、表面積が大きいものを作る場合に作用されます。代表的な例としては、卵のパックや車のバンパーなどが挙げられます。また同じ形がずっと続く、長い形を作ることもあります。

その場合は押し出し成型というものが選ばれます。特定の穴が開いた金属型から溶かしたプラスチック(樹脂)を送り込んで、細かな形を作っていきます。型次第でアルファベットのHや円など色々な形にできるため、レールやホースなど幅広い目的で使われます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*