プラスチック(樹脂)の試作は金型設計の一部

ペットボトルやスマートフォンのケース、注射器やイヤホン、補聴器や車の部品などプラスチック(樹脂)を利用した加工で作られているのが特徴です。量産になるまでの間は何度かの試作品を作る形になりますが、これは設計図通り金型が完成しているのか否かを確認する重要な作業です。プラスチック(樹脂)は、成形機に材料を投入して内部で高温度に加熱させてどろどろに溶かしたものを金型内部に流し入れる手法で使われる材料で、試作段階では流動解析と呼ぶ材料がどのように流れているのか3次元データで確認をしながら作業を進めるのが特徴です。金型内部には、材料の投入口から部品を形どる部分までの材料の通り道のランナーと呼ばれるものやプラスチック(樹脂)成形機から流し込まれる材料が金型内に入るためのゲートと呼ぶ穴があります。

ランナーは、ゲートに繋がっているもので試作品を作りながら数を増やしたりランナーの位置を変更するなどの作業が製品の品質維持に繋げます。材料の流れが悪いと、完成した成形品は不良率が高くなってしまう材料そのものの無駄が生じてしまうなど、試作品を作りながら金型の変更や改良などを繰り返します。ちなみに、ゴム部品の不良品はそのまま廃棄処分になりますが、プラスチック(樹脂)は粉砕機を使って材料を細かくすればリサイクルすることは可能です。ただ、色合いなどが求められる外観部品などではリサイクル材料を使うと図面で要求される色とは異なるので利用することはできません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*