プラスチック(樹脂)を使って試作できます

プラスチック(樹脂)の試作は便利で、時間がなかったりコストを抑えたい人に向いています。プラスチック(樹脂)を利用すると、スピーディに試作品を作成することができ、量産と同じ材料のものを早く安く利用することが可能です。試作段階から量産時と同じような材料で射出成形するので、成形品そのものの価値をアップすることができるでしょう。設計から試作・検討などのサイクルを低予算で繰り返すことができ、量産化する際の立ち上げがスムーズになります。

いろいろなプラスチックの材料が使われており、汎用プラスチックやエンプラ、耐熱プラスチックやエラストマーなどを利用することが可能です。材料への着色やマスターバッチの調達なども行うことができ、内側の入れ子をアルミで製作することにより、短納期且つ低コストで利用することができます。量産と同じプラスチック(樹脂)で試作することができ、アンダーカット形状やインサート成形にも対応することが可能です。いろいろな加工に対応しており、切削加工はプラスチックや金属ブロックなどをマシニングセンターの刃物を使って、加工することができる工法です。

寸法精度の高さが特徴的で、幅広い分野において採用されています。注型の場合、シリコンや樹脂などで作成した型について、2液性樹脂を流し込んで複製を製作することが可能です。10~20程度なら、コストメリットが高い製作方法です。3Dプリンタの場合、3Dデータを元にして断面形状を積層していき、立体造形することが可能です。

複雑な形状でも製作することができ、1点から製作することができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*