プラスチック(樹脂)は加工しやすい

プラスチック(樹脂)は石油からできた高分子であり、いろいろな方法で加工できることがポイントです。身近にある素材の一つですが、この素材にはどのような特徴があるのかチェックしておくと良いでしょう。まずは金属などの素材と比べ、加工方法が多いという特徴が挙げられます。そのため容器や食器、玩具などさまざまな製品の部品に使われています。

また、比較的軽いので加工しやすいこともポイントです。電気絶縁系にも優れており、腐食しにくいといったメリットも挙げられます。また、断熱性が高いこともプラスチック(樹脂)の大きな特徴です。プラスチック(樹脂)にはいろいろなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

耐熱性が低いことや機械的強度が低いといったことが主なデメリットとして挙げられます。このようなデメリットがあるため、過酷な環境下で使用できないということです。しかし、最近では耐熱性や機械的強度を向上させたプラスチックが開発されるようになりました。一般的なプラスチックは100℃程度で溶けますが、このプラスチックなら100℃を超えても溶けることがありません。

中には耐熱性が150℃を超えるものもあるということです。耐熱性や機械的強度の優れたプラスチックは、自動車部品や電子機器部品、航空機部品などさまざまな部分で使用されています。最近では環境に優しいプラスチック(樹脂)の開発も進められており、注目を集めています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*