プラスチック(樹脂)の加工方法

プラスチック(樹脂)はさまざまな部分で使用されている工業材料です。容器や食器などはもちろん、玩具や家電製品などさまざまなものに使われているため、日常生活において目にする機会も多いでしょう。一口にプラスチックといってもさまざまな種類や加工方法がありますし、形状によって使い分けられています。プラスチック(樹脂)の種類や加工方法についてチェックしておきましょう。

これは石油から人工的につくられた高分子のうち、任意の形に成形できるもののことを指しています。大きく分けて熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂があります。加熱すると柔らかくなるのが熱可塑性樹脂であり、熱を加えれば何度でも成形することができます。熱硬化性樹脂も加熱すると柔らかくなりますが、加熱を続けると硬くなってしまうため、一度しか成形できません。

プラスチック(樹脂)の成形加工とは、加熱して溶かした樹脂を金型などに注入し、冷却や圧縮によって固める方法のことを言います。この方法では同じ金型を使いまわすことができますし、大量生産に向いているということです。プラスチック(樹脂)の切削加工とは、固めた樹脂を機械などで削る方法のことを指します。これは特殊な方法が必要な場合や、何度も試作が必要な場合などに用いられるということです。

回転している樹脂に刃物を当てて削る方法や、刃物を回転させながら樹脂を削り取る方法などがあります。最近注目を集めている3Dプリンタとは、パソコンで作成した立体データをプリントする装置のことです。溶かした樹脂を吐出しながら積層したり、樹脂溶液をレーザーなどで硬化させたりすることにより、立体データ通りに樹脂を形成できるということです。また、中空構造などの複雑な構造を作れることもポイントです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*