プラスチック(樹脂)の製作には主に3つの加工方法

私たちの身の回りにはプラスチック(樹脂)で製作した部品があふれています。暮らしの中で欠かせない生活の一部です。子供のおもちゃや便利な小物大きなものでは自動車のボディーの一部もプラスチック(樹脂)で制作したものもあります。名前の由来はギリシャ語のplastikosが語源だといわれています。

可塑性のあるという意味で力を加えて変形させ、それを取り除いても元に戻らない性質を持っていることを表します。プラスチックは大きく2つのタイプがあります。熱可塑性と熱硬化性です、熱可塑性樹脂は流通している多くがこのタイプで、熱を加えると軟化し冷却により固化します。これを繰り返すことが出来ます。

チョコレートやチーズなどと同じ原理です。もう一つが熱硬化性樹脂で熱を加えると硬化し一度冷えたら加熱しても軟化しない性質です、クッキーと同じ原理です。このプラスチック(樹脂)を製作する加工方法は、主なものが3つあります。初めに成形加工です、金型を作り加熱した樹脂を注入して、冷却や圧縮し固める方法です。

射出成型、押出し成型、ブロー成型,圧縮成型、などがあります、大量生産にむいています。次に切削加工です。精密加工や特殊加工が必要で何度も試作をする場合に用いられます。固めた樹脂を機械などで削る方法です。

回転している樹脂に刃物を当てて削る旋盤加工や、刃物を回転させながら樹脂を削り取るフライス加工があります。最後に3Dプリンタです。溶かした樹脂を吐出しながら、積層し、樹脂をレーザーなどで硬化させます。パソコンで作った立体データを、データ通りに成型します。

中空構造や複雑な物を作ることも出来ます。この様にプラスチック(樹脂)の製作には、加工方法が、多いです。また軽い、絶縁性に優れている、腐食し難いと、メリットも多いです。今後もプラスチックは多くの可能性を持っています。

プラスチック(樹脂)の製作のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*