プラスチック(樹脂)はいろんなものに製作可能

プラスチック(樹脂)は、自然から採取されたもので、いろんなものに製作をすることができます。プラスチック(樹脂)は、アルミや木材、ガラス製と比べても比較的軽いです。この樹脂は生活に必要な日用品や家具、玩具などにこの樹脂が使われていますが、アイデアを出せば無限大に製作をすることが可能です。この樹脂は石油と混ぜることで合成樹脂として生まれ変わります。

世の中ではプラスチック製品は見ない日はないほど、世の中にあふれかえってます。容器と使うことができますので、邪魔にならないように軽い容器を持って行き帰りはごみとして捨てて帰ることができます。プラスチック(樹脂)は熱に弱い性質を持ってますので、火を近づけるとすぐに溶けてしまうので注意が必要です。直射日光でも溶けたり変形したりするので、太陽があたる所には長時間置いておかないように気を付けたいものです。

この樹脂は冷やすと固まりますので、3Dプリンタとして同じものを製作することが可能です。これができれば、いくつも復元したいものがあった時には、3Dプリンタで型を製作して作ることができます。比較的強い性質を持ってますので、多少折り曲げても元に戻ります。プラスチック(樹脂)は今現在利便性が高いものとなってますので、将来的にもこの樹脂はなくなることがないと確信しています。

使い勝手のいいものを製作して、世の中の人の役に立つ製品を作り続けてもらいたいです。プラスチック(樹脂)を溶かして別なものに変えることが簡単にできるのもプラスチックだからこそです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*