プラスチック(樹脂)を使った製品を製作する方法

プラスチック(樹脂)は、ほとんどの工業製品に使われているもので現代社会を営んでいくうえで欠かせないものですが、これまでは簡単に製作できるものではありませんでしたが、3Dプリンターの登場により個人でも作ることができるようになっています。プラスチック(樹脂)で製品を作るためには金型を作ってそこに注入することで成型するもので、基本的には大量生産を前提としているものです。また製造するためには設備も必要ですから、簡単に行えるものではありません。試作品を製作する時には異なる素材を使ったり切削加工によって作り上げるといったことが行われますが、量産品を少数作る場合には本格的な鋼の金型ではなくアルミなどの柔らかく加工しやすいもので作るといったことも行われていますが、近年では3Dプリンターも活用されています。

3Dプリンターは、積層していくことにより形を作り上げていくもので、その素材として熱で柔らかくなるプラスチック(樹脂)は最適な素材です。もちろん機種によっては精度は変わってきますし、積層で作るため品質は金型で製作するのと比べてあまり良いものではありませんが、金型を作る必要がなく形を作り上げることができるもので、試作品を作ったり少数の生産で使われています。これらの機械は本格的な産業用のものであれば、それなりの設備投資を行わなければなりませんがホビーユースに製造されたものもありこれらを使えば、個人でもプラスチック(樹脂)を使ったものを製作することができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*