プラスチック(樹脂)を使った試作品を作る

プラスチック(樹脂)を使った製品を作る時には、試作品を作り問題がないか確認することが求められます。この時に数点だけ作るか、それともある程度は製品として量産することを前提に行うかによってその選択肢が変わってきます。プラスチック(樹脂)は、熱を使えば加工することが容易なものですが製品として形成するためには金型を使って形を作る必要があり簡単につくれるものではありません。以前であればプラスチック(樹脂)ではなく加工しやすい素材を使って試作していましたが、そもそも異なる素材であるため実際に量産をする時に問題が発生することも珍しくありません。

一方で現在では、さまざまな方法で作品を作ることができます。プラスチック(樹脂)で試作品を作る時によく使われる方式は、3Dプリンターを用いた方法と加工しやすい金型を使って作る方法があります。3Dプリンターの場合にはコンピューターから直接形を成形することができるので、様々な部品を作ることができますが一方で量産性には劣るので、試作品や少数生産に使われるものです。一方で、ある程度の量産を考えている場合には加工が容易な金型を使う方法があり、この場合には大量生産が可能な鋼で作るのではなく加工しやすいアルミなどを用いて作る方法です。

金型の寿命が短いものですが、通常の鋼を使ったものと同じプラスチック(樹脂)を使ったものを作ることができるため、製品として販売できるだけの品質の高いものを作ることが出来ます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*