プラスチック(樹脂)の試作は工程評価を重視

プラスチック(樹脂)の試作では、様々な加工の精度を評価することが主な目的となっていることが多いものです。プラスチック(樹脂)の加工はその方法によって精度が大きく変わるため、目的のものを得ることができるかを出来上がった部品や製品で評価することが少なくありません。その試作の結果で十分な品質を確保できれば、そのままこれらの部品や製品を商品に応用することが決断される場合が多いものです。しかし、これだけでは試作の評価項目は不十分と考えられる面も少なくありません。

特に十分な品質を乱すために必要な工程に無理がないかを確認することも、非常に重要な要素となっています。この際の工程に万が一無理が生じている場合、実際に製品を大量に生産する際には様々な新たな問題が発生する確率が高いためです。プラスチック(樹脂)は工程の内容でその品質が大きく変わる点に特徴があり、十分に意識をして工程を設定すればそれだけ良い品質のものが生まれることが少なくありません。金型に流し込む際の溶剤の温度や流し込む方法などは、より良い品質を求めこれを評価する試作の場合には非常に注意してその作業を行うものです。

しかし製品化し大量に生産を行う場合、その工程を再現することが時間的に無理な場合も少なくありません。そのため、品質が保てないといった問題が生じることも多いものです。プラスチック(樹脂)の試作では、その製造工程も本来の製品の製造と同じレベルを保つようにすることが重要です。そこで品質を評価し、改善点があれば工程から見直すことが重要なポイントとなっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*