プラスチック(樹脂)の製作方法

プラスチック(樹脂)は一般的に成形済みの完成品を手にすることが圧倒的に多く、製作について知っている人は限られます。具体的にどうやって形作られているのか説明できる人は少ないですから、興味を持って知ると知識が得られて会話の引き出しが増えます。プラスチック(樹脂)といえば熱を加えると柔らかくなり、冷やすと固まる性質があります。全てがそうとは限りませんが、この性質を活かして、プラスチック(樹脂)は熱で溶かし金型に入れて冷やす方法が広く製作に用いられています。

実際はたい焼きのように簡単ではなく、圧力を加えるなどして形作られますから、個人が見様見真似で製作できるほどやさしくはないです。プラスチック(樹脂)の製作には削り出す方法もあって、金型を用いるやり方に比べれば個人でもできそうです。旋盤やフライス盤などを用いて削るので、工具という意味ではハードルが高いですが、それでも挑戦しようと思えば十分に可能です。切削加工はプラスチック(樹脂)の固まりを薄く削り、目的の形を少しずつ出していくやり方なので、大量生産には不向きです。

しかし修正を加えながら製作できるので、少数の試作には向いていますし、後から手を加えたいケースにおいても活躍します。近年は3Dプリンターが台頭しており、パソコンで作った3Dデータを元に機械任せで成形できるので、加工のハードルが下がったとはいえますが、複雑な形状や高精度な出力には経験とノウハウが必要です。プラスチック(樹脂)の製作のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*