プラスチック(樹脂)素材の製作

プラスチック(樹脂)素材を用いて製作を行う場合は、素材の特性と加工について知る必要がありますし、比較検討して希望に近い方法を選ぶことが大切です。プラスチック(樹脂)は一般的に熱の影響を受けやすく、高温にさらすと簡単に軟化したり、変形するといった性質があります。その為、高温環境下で使用するものの製作には向きませんが、常温環境で使う身近なものについては作りやすいといえます。熱で柔らかく変形する特徴を特性と捉えれば、熱した金型に溶かして固める成形方法になります。

原理的には金属の成形と殆ど同じですが、金属よりも低い温度で、しかも大量に生産しやすいといった強みがプラスチック(樹脂)にはあります。プラスチック(樹脂)の製作は柔らかい状態の素材を加工する方法と、固まった状態のものに手を加える方法に分けられます。金型を使えばある程度形を出すことができますし、金型をしっかりと作れば成形品に殆ど手を加えずに済みます。一方、切削加工は自由度の高い製作方法で、金型を必要としないことから短期間でスピーディーに、修正もお手の物です。

逆に大量生産には不向きですが、試作のように何度も作り直して量産に持っていくような用途に最適ですし、追加工も容易なのが魅力的です。切削加工は手作業なので、大量に生産しようとするとコストは掛かりますが、少量ならそれほど気になりませんし、細かな注文がつけられるのでやはり試作に向いています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*