豊富に揃うプラスチック(樹脂)の製作方法

作りたい製品によって多種多様な素材が選ばれる中、プラスチック(樹脂)の製作にはいくつかの製造方法が存在しています。代表的なものとしては射出成形やトランスファー成形、真空成形などが挙げられるでしょう。その他にもブロー成形や切削加工など様々な種類があり、いずれもプラスチック(樹脂)の製作に活用されています。これらの製造方法の中でも射出成形などは金型を使って製造を行うのが基本で、大量製造もできるのが特徴です。

プラスチック(樹脂)の製作を大量に行うことで、コストを下げることもできるでしょう。一般的に少数の製品を作るよりも大量に発注をかけるほうがコストの削減に役立ち、かつ多くの製品を一度に手に入れることができます。ただし、少数しか必要ない、テスト用に1体のみが欲しいといった場合には、大量生産は不要となります。このような場合には同じであっても簡易金型を利用することで、少数生産が可能となるでしょう。

また、切削加工をはじめとした機械加工や、3Dはプリンターでの出力は少数の生産を得意としています。プラスチック(樹脂)で製作を行う際に何を目的としているのかによっても、選ぶべき製造方法はまったく異なります。自社にとってもっとも良い方法を選びましょう。光造形や圧縮成形、ウォータージェット加工といったバラエティ豊かな加工方法も用意されており、多彩な分野にプラスチック(樹脂)で製作された製品を送り出しています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*