プラスチック(樹脂)製作とは

プラスチック(樹脂)は意識しないだけで、普段の生活のどのようなところでも使用されています。プラスチック(樹脂)はもともと石油から人工的につくられた高分子の中で、好きな形に加工できるもののことです。そして樹脂自体はもともと、樹木から分泌された樹液が固まった天然樹脂を指している言葉で、天然の樹脂自体は昔から接着剤や塗料に使用されてきましたが、天然の成分のため、採取できる量が限られていました。そこで天然樹脂と同様の性質を持っている物質を石油から人工的に作るようになりました。

それがプラスチック(樹脂)です。プラスチック(樹脂)には加熱することで柔らかくなる熱可塑性樹脂と、初めの段階では加熱する柔らかくなりますが、さらに加熱していくと硬くなる熱硬化性樹脂と呼ばれるものがあります。多くの種類がありますが、加工しやすいという点でさまざまな製作物に使用されています。なぜ製作物に使用されやすいのかというと、プラスチックは加工方法が多いということと、最大ともいうべき特徴である軽さ、そして腐食しにくいという点、断熱性が高いという特性などがあり、製作物によく使用されるのです。

企業のプラスチック加工品や高機能プラスチックをご覧になりたい方向けの、「プラスチックジャパン」という展示会が実は日本で開催されています。ただし入場する際には招待券が必要となり、その展示会をどうしても見てみたいという方はプラスチック業界に人脈を作っていくしか今のところの方法はありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*