プラスチック(樹脂)製品を製作するまで

プラスチック(樹脂)は石油を原料にして作られる可塑性を持った物質で、ギリシャ語で可塑性があるという意味の「プラスティコス」が語源です。プラスチック(樹脂)の可塑性には2種類あり、熱を加えると硬くなるという性質のものと加熱をすると柔らかくなり冷やせば固まるというもので、プラスチックの約90%は加熱をすると柔らかくなるというものです。子どもが使うおもちゃや文房具から生活用品、自動車部品まであらゆるシーンで使われる原料です。精製所で蒸留された石油から分離された「ナフサ」というものがプラスチック(樹脂)の原料となるのですが、の本国内では石油自体を輸入してナフサを作る場合とナフサその物を輸入する場合とがあり、現在ではナフサ自体の輸入が6割ほどとなっています。

また使用済みのプラスチック(樹脂)製品をリサイクルしたり、植物由来のナフサを製作することも行われています。ナフサは専用の工場で分解されてエチレンやプロピエン、ヘンゼンなどの種類に分けられ、それらを組み合わせることで様々なプラスチック製品を製作していきます。製品を製作するにあたり加工をする必要がありますが、その方法は量産品なのか個別製品化によって変わりますが、切削や鋳型などで成形をしていきます。プラスチック(樹脂)製品などと一口に言ってもその種類はたくさんありそれぞれに特徴があります。

耐熱性や耐候性、耐薬性に優れているなどの特徴があるので、それぞれの製品の目的に合った原料を使い分けて製品が作られているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*