プラスチック(樹脂)の試作を頼む方法

プラスチック(樹脂)の試作を作る場合、自社内で制作ラインを持っていない場合には、テスト作品を作れるメーカーに頼むことになります。インターネットでメーカーを探す場合には、公式サイトのメールフォームなどから問い合わせをすることになるでしょう。この時、制作を頼みたいテスト作品の概要と納期までの日数、予定数量などを伝えるとスムーズに話を進めることができます。概要を伝えて見積もりを頼み、本格的に発注が決まったら3D図面データなどの設計図を渡すことになります。

メーカー側は設計図をもとにプラスチック(樹脂)の試作品を作り上げるため、正確なデータを渡すことが大切です。重要な3D図面データの場合には、この時点でメーカー側と守秘義務契約を結ぶこともあります。設計図をもとに使用する素材や形状などが具体的に決まったら、メーカー側から見積もりをもらうことになるでしょう。この見積もりで両者が納得する場合には本格的に契約を結びます。

プラスチック(樹脂)の試作品の作成を頼んだ場合には、納期まで数週間かかる可能性があります。メーカーによってかかる納期は異なるため、急ぎの際にはあらかじめスピード納品を掲げているメーカーを選ぶなどの対処が必要です。メーカーが発注内容に合わせてプラスチック(樹脂)の試作品を完成させたら、受け取る企業側は確認を済ませましょう。プラスチック(樹脂)の試作品を再度頼む可能性がある場合は、メーカー側にデータを保存しておいてもらうこともあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*