目的に合わせてプラスチック(樹脂)の試作品を選択

完成版を目指してプラスチック(樹脂)の試作を行いたい場合、自社内の担当部署でテスト作品を作成することになります。プラスチック(樹脂)の試作品はデザインや見た目のバランス、機能などを確認するために重宝されており、素材事自体の扱いやすい性質も相まって無くてはならないものです。エンドユーザーのもとに届ける前に安全面を確認したい、見た目をもっと改善したいといった際にもテスト作品が役立つでしょう。一方で、自社内でプラスチック(樹脂)の試作品の作成が難しい場合には、外部のメーカーに発注をかけるのが通例です。

プラスチック(樹脂)の試作品などを専門的に引き受けているメーカーなどもあり、納期やコストから選択することができるでしょう。一部のメーカーでは金型の他に3Dプリンターや射出成形などを使用できることもあり、目指す完成版がどんな製品かによっても選ぶことができます。プラスチック(樹脂)の試作品自体はそれほど数が必要ない、数体程度のテスト作品があればいいといった例では3Dプリンターを使った作成がおすすめです。極少数のテスト作品から対応することができるため、状況に合わせて発注をかけることができるでしょう。

あらかじめ量産を見据えて大量のテスト作品を作っておきたいといった場合には、金型を使った作成方法が最適です。数量を確保する上でコストはかかりますが、テスト作品の数をあらかじめ確保することができれば、念入りにテストを進められます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*