プラスチック(樹脂)の2次加工での製作のポイント

プラスチック(樹脂)は、様々な用途で活用されている素材です。金属と比べると重量が軽く加工がしやすい、耐久性が高いけれども更なる耐久性を求めるときには材料にガラスを混ぜることで向上するなどの特性もあります。プラスチック(樹脂)を使った製作方法の一つに2次加工と呼ぶものがあるのですが、これは卵のパックやペットボトルなどを製作するときに利用する加工手法です。1次加工では、射出成形や押出成形などの成形機を使いプラスチック(樹脂)を高温度に加熱して溶かす、どろどろになった液状のプラスチック(樹脂)を金型の中に流し込み、ある程度時間が経過すると冷えて材料が固まるので取り出す、このような流れで製作を行うのが樹脂成形の基本です。

2次加工は、1次加工で完成した部品に対して穴を開けたり塗装や印刷を施したり、成形機を使い別の形状にするなど色々な手法がありますが、その種類としては接合や加飾、機械加工の3つに分類することができます。また、接合には溶融接合(溶着・溶接)や接着接合、機械的接合などの3つの種類がありますが、この中で溶融接合(溶着・溶接)については超音波溶接や高周波溶接など溶接の種類により適用樹脂が決まります。例えば、レーザー溶接は任意形状の成形品を2次加工で作ることができる手法になるのですが、一般的な樹脂材料では瞬時に溶けてしまうなど適用樹脂材料が決まっています。なお、一般的にレーザー溶接では光透過性樹脂と吸収性樹脂を組み合せたものが使用されます。

プラスチック(樹脂)の製作のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*