プラスチック(樹脂)の製作について

プラスチックには多くの種類があります。用途も様々ですので、試作品を作るときは材料の種類や性質を抑えておくのもとても重要といわれています。その中に、プラスチック(樹脂)という種類があり、プラスチックとは基本的に同じものです。しかしどのように違うのかというと、石油や植物繊維などを原料から化学合成するものを「合成樹脂」、従来通り樹脂のものを「天然樹脂」と呼ぶようになりました。

そのためにプラスチック(樹脂)を合成樹脂として呼ぶのです。プラスチック(樹脂)の製作できちんと把握しておく必要があるのは、熱を加えると軟化する性質を持っています。覚めて加熱したら再び軟化するという性質を利用して製作でも多く利用されています。基本的にはチョコレートに似たようなイメージの製作を行います。

それとは別に、熱に強い熱硬化性樹脂というものも存在します。こちらは熱を加えると逆に硬くなるために、イメージでいうとクッキーのような感じです。使用されることが多いのは熱で溶ける方のプラスチック(樹脂)で、汎用プラスチックと呼ばれるものが全体の80パーセントを占めています。日用品、家庭用品などの身近なものから、機械部品、電気製品など幅広いところで使用されているのが特徴です。

熱には100度まで耐えることができます。また汎用エンプラと呼ばれるものもあり、強度が必要な部品に使用される製品です。例えば自動車部品が当てはまります。いろいろな種類が存在しているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*