プラスチック(樹脂)製品の製作方法について

プラスチック(樹脂)を加熱すると、さまざまな形状に変形させることが出来ます。この性質を利用して、われわれの身近なアイテムが製作されているのです。プラスチック(樹脂)の製作方法で、比較的メジャーな方法が「射出成型」と呼ばれているものでしょう。まず、加熱シリンダーにプラスチック(樹脂)のペレットか粉末状を入れます。

これを200~300度という高熱で溶かし、液体化した樹脂を金型に注入するのです。この時に注射器のように圧力をかけて射出することから、「射出成型」と呼ばれています。実際のアイテムの製作は、ここで終わりではありません。実物は金型を冷却したあと、切り出して取り出されます。

大型の製品であれば、自動車のバンパーなどがこの方法で製作されているのです。プラスチック(樹脂)の「射出成型」がメジャーであることには、理由があります。まず、アイテムの肉厚が薄いものから、複雑な形状のもの、高速で生産が必要となるものなど全てに対応することが出来るからです。商品製作の上で、品質とコスト、納期は切り離して考えることは出来ません。

これらを一定の基準で満たすことが出来る方法が、この「射出成型」の方法と言えます。プラスチック(樹脂)は可塑性に富み、大量生産にも適しているという特徴があります。添加剤や着色料を混入させることで、さらに理想のアイテムを製造することが可能です。こうした製品は専門の加工会社で実際に生産が行われています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*