プラスチック(樹脂)の特徴と製作

プラスチック(樹脂)は金属物質などと比較すると、熱膨張係数や燃焼性が大きく熱伝導率や比熱が小さくなるだけでなく使用可能最高温度が低くなるのが特徴です。プラスチック(樹脂)は非常に割れにくく壊れにくいという性質を持ってます。この性質を持つプラスチック(樹脂)は、分子間力の強さが割れにくく壊れにくい性質を持つ要因となってます。性能としてはさまざまな性質を持つ製品を作れることにあります。

軟らかい性質から工場などで使う機械部品の硬い性質まで、硬軟に幅広い性質の製品を作り出すことができるのも、プラスチック(樹脂)が持つ性能のよさなのかもしれないです。プラスチックは良好な絶縁体が集まっていろいろな形に形成され電気絶縁性品が製作されてます。銀粉や炭素粉を混ぜることによって、電気伝導性のよい製品を製作することもできます。プラスチック(樹脂)の物質には耐薬品性や耐薬品性が強いものもあります。

一般的に樹脂の種類には耐薬品性が強いものが多いですが、薬品に溶解しやすいものや水に溶けてしまうものもあります。メタクリル樹脂のような無色透明で、美しい樹脂も多いので見た目がいいものを製作できたりします。染料や顔料を混ぜることによって、自由に着色することが可能となってます。大きな特徴としては成形性が極めて良く大量生産に向いていて、コストも安いのと短時間で仕上げられるので、性能しては大きいのが特徴として挙げられます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*