プラスチック(樹脂)の部品製作の一連について

部品の原料となるプラスチック(樹脂)を準備しておき、部品用の材料を製造します。プラスチック(樹脂)の原料は主に石油で石油精製所で蒸留さらに分離してできたナフサです。このナフサは原油を輸入して国内で精製して得る方法と、ナフサそのものを海外から輸入する方法がありますが、現在は全体の60%が海外の輸入に頼っている状態です。ナフサを専用工場化学反応を起こさせるとエチレンやプロピレン、ブタジエンやベンゼンなどの石油化学基礎製品に分解できます。

この製品同士を組み合わせて、欲しいプラスチック(樹脂)部品の材料になります。部品の材料ができたら、目的に合った形になるように成形をして部品を製作していきます。製作の方法はできた材料の持つ特性、例えば熱可塑性樹脂か熱可塑性樹脂であるか、また硬度や強度について調査しておきます。特性によって加工する方法が異なるためです。

製作方法について例を挙げると、プラスチック(樹脂)を旋盤の上で回転させながら切削加工する旋盤加工や、熱可塑性樹脂での大量生産に適している射出成型での加工になります。準備から製作まで短い時間で低コストで行うためには部品に必要な材料についてよく調べておくことと、それにあった加工方法を選択すること、また材料について熟知している専門家に加工を依頼することが必要です。またプラスチック(樹脂)は加工方法でいろんな形に成形でいるので、用途に合わせてどの材料を使用するか考えることも大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*