プラスチック(樹脂)製品の製作方法を知る

プラスチック(樹脂)幅広く利用されている工業材料ですが、金属などの素材と比べると軽く腐食しにくいなど多くのメリットがあります。耐久性にも優れているので、軽くて強い部品を作るのにもぴったりです。電気絶縁性に優れているのも良いところといえるでしょう。プラスチック(樹脂)は、身近なところでも様々なところで使われていますが、それがどのように製作されているのかを良く知らないという人もいるのではないでしょうか。

プラスチックは、その作る製品によっても製作方法は変わってきます。プラスチック(樹脂)は豊富な加工方法があり、それぞれ違う特徴を持っています。プラスチック(樹脂)で大量の製品を作るのであれば成型加工が向いています。これは、熱で溶かした樹脂を金型などに流し込み冷却や圧縮を加えることで加工する方法です。

金型製作には、それなりの手間やコストもかかりますが、金型は使いまわすことができます。成型加工には射出成型や押し出し成型、ブロー成型など様々な方法が用意されています。切削加工では、固めた樹脂を機械で削り撮りながら成型していきます。旋盤加工は回転する樹脂に刃物を当てて加工します。

逆に回転している刃物に樹脂を削り取らせる方法をフライス加工と呼びます。最近では、プラスチック(樹脂)3Dプリンターを使って成型することも増えてきました。パソコンで作った立体通りに成型できるので複雑な構造のものを作るときに向いています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*