プラスチック(樹脂)の試作をするなら

プラスチック(樹脂)製品の金型を作る前に試作をするなら、加工を得意としている企業に相談したり任せるのがおすすめです。試作と一口に言っても、素材や大きさに形、要求される寸法精度など条件は様々なので、プラスチック(樹脂)の扱いに長ける実績豊富な技術力のある企業を選びたいところです。試作の目的は最終的な形状を決めることにありますから、1個でも対応してもらえたり、特殊なプラスチック(樹脂)素材も快く引き受けてもらえるのが理想的です。勿論、コストや品質、納期の早さも重要なポイントになりますから、総合的に検討して相談先を選ぶ必要があります。

簡易金型も選択肢の1つになりますが、現実的には切削による削り出しが有力で、加工が得意な企業を探して依頼することになりそうです。プラスチック(樹脂)の切削による試作は削り出す加工機械が必要不可欠ですから、旋盤やフライス盤を完備する企業を候補に選定するのが得策です。次に、図面のみか否かでも変わってきますが、具体的な形状のイメージを明確にして共有する為にも、3Dに精通していたり造形できる技術を有している方が頼りになります。真空注型、石膏鋳造にも長けていればなお良いですし、プラスチック(樹脂)製品の試作全般において心強い味方となるはずです。

切削加工はコストは掛かるものの精度が高く納期も良好、そして小ロット対応で狙い目ですが、コスト重視なら真空注型、精度より納期も取るなら3Dプリンターによる造形も選択肢に加わります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*