プラスチック(樹脂)部品の製作について

プラスチックとは、ギリシャ語のplastikos(可塑性のある)が語源となっています。可塑性とは物に力を加えて変形させさせた時に形が元に戻らない性質を意味し、この可塑性によってプラスチック(樹脂)は加工しやすくなっているため、様々な製品の部品として製作されているのです。プラスチック(樹脂)部品を製作するには大きく二つの方法があり、その一つが可塑性を活かしてされる加工の代表で、柔らかくして金型などに押し付けたり膨らませたりして加工する成型加工です。金型が壊れない限り同じ形に加工できるので量産向きです。

プラモデルが有名です。二つ目の制作方法は工作機械でプラスティック材料を削って加工する切削加工で、プラスチック(樹脂)が金属に比べてとても柔らかいので多用されます。自動工作機械の普及により、量産可能になりましたが切削に時間がかかるので量産向きの加工方法ではありません。プラスチック(樹脂)は、原油から作られたナフサが主原料となっています。

植物由来のナフサももありますが、石油から作られるよりもコストがかかるので多用されていません。Co2削減のためには植物由来のプラスチックが求められているため、徐々にコストが削減されて普及していくものと思われます。ナフサは化学反応により、プラスチック(樹脂)材料に変えていきます。ひとことでプラスチックと言っても、様々な特性を持った材料があるので、製品に必要な特性を持った材料になるよう反応させるのです。

他の材料と比べて加工が容易なことから、試作を安価で製作を引き受けてくれる業者もあります。プラスチック(樹脂)の製作のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*