プラスチック(樹脂)を用いた製作で使用される物質

日用雑貨からおもちゃ、パソコンケースなどは大半がプラスチック(樹脂)を用いて製作をなされています。軽量で耐久性に優れており、さらには加工がしやすいという特性を持っているため、今ではあらゆるアイテムで使われるようになりました。そもそもプラスチック(樹脂)とはどのような物質なのかというと、石油を原料にしているものです。1960年代まではセルロイドという言葉で知られていましたが、この素材の場合は重油を使用して生み出すものを指します。

それとは異なり、樹脂の場合はサトウキビの樹皮を石油に加えて生成をするのでこの呼び名となりました。プラスチック(樹脂)はそのままの状態では固形化するものではありません。各種アイテムを製作するためには必ず、ある物質を混ぜて固形化を促します。そこでここでは、樹脂を用いて各種商品を製作するために使う物質について解説をしていきましょう。

使用するものは、酢酸と呼ばれる化学物質です。塩酸と酢を4対6の割合で調合をしたもので、プラスチック(樹脂)に混ぜることで分離していた油分を結合させる働きがあります。どのような製品を作る時でも、欠かすことができません。ただし、含める分量は各種アイテムによって変化します。

たとえば散水用のホースであれば、適度な柔軟性を持たせないといけません。その場合は約2パーセントの濃度にして固めるわけです。耐久度の高いおもちゃなどは98パーセント濃度にしています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*