プラスチック(樹脂)製作

プラスチック(樹脂)は日常生活の様々な製品に用いられていて、今の生活を継続するためには欠かせないもののになっています。プラスチック(樹脂)の製作の際には、利用する製品に応じて様々な素材や工程があります。まず素材については石油に由来する高分子物質を原料としているものと、石油に由来しない天然物質を加工して製品にするものもあります。熱によって硬化・軟化することも可能で、安全性という点でも品質管理を行っています。

このように様々な種類があるため、これらの性質に対応して適切に加工できるものを洗濯して使用されています。プラスチック(樹脂)の製作の流れとしては、これらの素材の調達・手配から始まります。原料はナフサと呼ばれ、石油から製造されたものとリサイクルによって再度ナフサに利用されるものがあります。植物から加工されたナフサもありますが、コストが高めなので製品との兼ね合いや、ユーザーの環境意識との兼ね合いで洗濯していくと良いでしょう。

この原料であるナフサにエチレンやプロピレンなどの化学製品を加えることで、様々な特性を持ったプラスチック製品が製作されていきます。次に加工ですが、金型によって成型されることが一般的です。原料を流し込んだうえで金型でプレスして製造されるものです。これ以外の工法としては、切削加工と呼ばれる大まかな形を作ってから表面を削ることで形ができていきます。

切削加工は熱を発生するため、温度による変化が起こりにくいプラスチックが選択されます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*