プラスチック(樹脂)素材を使った製作

プラスチック(樹脂)は金属よりも総じて柔らかく、加工しやすい性質を有していることから、製作に適していて多用途に活用できる魅力的な素材です。溶かして金型に入れて成形することもできますし、塊を削って目的の形にする方法もありますから、プラスチック(樹脂)の製作には様々なアプローチ方法があることが分かります。近年は積層技術も進化していますから、プラスチック(樹脂)を薄く積み重ねる形で製作するやり方も浸透しています。家庭用の小型3Dプリンターの普及は目覚ましく、積層加工が一気に身近なものになっているといえます。

これまではカッターで切る、ヤスリで削るといった加工が基本でしたが、工作機械の小型化や低コスト化もあり、加工の選択肢も充実しています。プラスチック(樹脂)の製作は、金型で一体成形するやり方の他に、分割して後から接着するといった方法も選択可能です。接着は工程が増えてしまいますが、大型のものにも対応できますから、一体成形できる設備がなくても大型の製品が製作可能となります。プラスチック(樹脂)は熱に強い、摩擦や曲げ伸ばしに耐えられるなど、種類によって大きく性質が違ってきます。

切削性に優れる加工しやすい素材があるかと思えば、力を加えると変形してしまい、思ったように削れないものもあります。加工中に割れてしまう素材もあるので一筋縄では行かないことも多いですが、それを含めて面白いといえますし、余裕を持って楽しみながら取り組むことができれば、素材や加工の新たな可能性に気がつけると思われます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*