小型船舶免許の種類と取得方法

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

プレジャーボートや漁船を操縦する場合に必要なのが小型船舶免許です。この免許には1級、2級、特殊の3種類があり、それぞれに航行できる海域などが定められています。1級は海岸から100海里であれば全海域で航行でき、2級なら5海里までと平水区域までの航行が可能です。また、特殊小型船舶免許は水上バイク用になっており、海域は2海里までです。

よって、どの海域を航行したいかによってどの免許を取得すべきかが決まることになります。小型船舶免許を取得する場合は教習所に通うのが一般的です。教習カリキュラムは学科と実技に別れており、1級は平均4日、2級は平均2日、特殊は平均1.5日で技術と知識を学びます。その後、国家試験を受験することになりますが、教習施設が認定校なら国家試験を免除することも可能です。

同時に視力や聴力を確かめる身体検査も義務付けられているため、試験を受ける前に調べておくと安心です。学科と実技の両方が一定のレベルに達していれば合格となり、合格証明書が発行されます。それを運輸局に申請すると免許の正式な交付となります。交付された免許は5年間の期限が設けられているため、期限内に更新手続きを行う必要があります。

小型船舶免許は1級が18歳から、2級と特殊が16歳から受験可能です。2級に関しては18歳未満は5トン未満の船舶に限定されるので注意が必要です。受験資格は16歳からとなりますが、教習は16歳未満でも受けられる教習所もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です