船舶免許の取得方法と受験科目

by:

船舶免許費用資格/習い事

船舶免許はマリンレジャーに欠かせないものです。ドライブを楽しむには車の免許が必要なように、船舶免許はマリンレジャーの幅を広げることに役立ちます。たとえば船釣りやボートでの海水浴、水上バイクで海上を疾走する爽快感は免許がないと体験できないです。船舶免許を取るには試験を受けて合格する必要があります。

免許の種類は3種類ありますが、免許の種類によって操縦できる船の大きさや航行可能な水域が決まります。試験を受ける必要があるのはいずれも同様で、直接試験会場に出向いて受験するコースと登録小型船舶教習所で一定期間講習を受講し、国家試験と同等レベルの学科試験と実技試験に合格すれば国家試験が免除される教習コースがあります。教習所に通えば国家試験が免除されるという話を聞きますが、試験会場に出向く必要がないというだけで修了試験を受ける必要があることを知っておきます。免許には3種類ありますが、いずれも学科試験と実技試験があります。

ただし学科試験を受けるにはその前の段階である身体検査に合格する必要があり、視力と聴力、簡単な運動機能の検査がおこなわれます。疾病や障がいがある場合でも船の操縦に支障がない場合は、設備や航行の目的を限定した免許を取得することができます。学科試験の内容は免許の種類で違いがありますが、出題形式はいずれも四肢択一式です。1級免許・2級免許所持者が特殊水上バイク免許を受験する場合、2級免許所持者が1級免許を受験する場合は免除される科目があります。

実技試験では基本操縦と応用操縦の試験がおこなわれ、2級免許所持者が1級免許を受験する場合は実技試験が免除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です