船舶免許の種類と必要な免許の見極め方

by:

船舶免許費用資格/習い事

ボートを運転するには国土交通省が管轄する免許制度に合格し、指定されたクラスや海域での操船をしなければいけません。総トン数によってクラス分けがされており、一般的な価値基準では大きく重くなるほどに難しい免許となります。外洋でのスポーツフィッシングやセイリングなどは一級船舶免許があると行動半径が確保されますし、反対に護岸沿いで水上オートバイを運転するだけならば特殊小型船舶免許を持っているだけで運転が可能になるなどの各種の条件があるのです。湖や川などで小型の船を使い釣りをする趣味があるのならば、湖川小出力限定免許がお勧めです。

その他にも3メートル以内で馬力が2馬力以内、エンジンの停止スイッチなどの安全装置が付いた小型船舶は、免許制度に該当せずに免許なしで乗れる場合があります。趣味と実益を兼ねている制度なので、運転前には所有している船についての知識を確認し、必ず法律に従う必要があるのです。船舶免許を取得するには条件が細かく決められており、矯正視力が0.5以上あり視野角が150度以上確保出来るなど、運行上の安全目視確認の基準が設けられております。さらに夜間や視界が悪い時に船舶の色やランプを確認するため、色覚を判別出来る必要性もあるのです。

さらに張力や持病の有無などの条件によって、受験資格が限定されているので事前確認が必要になります。船舶免許には学科試験があり、上級資格になるほど高得点での合格が必要です。減点方式の実技試験もあり、7割以上の得点をキープすれば合格になります。詳細につきましては試験会場に問い合わせをする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です