船舶免許の注意点と区分

by:

船舶免許費用資格/習い事

羽海野普通免許と呼ばれるのは二級小型船舶免許になります。この例で言えば一級はトラックなどの大型免許に該当しますし、水上オートバイは原付などと該当するかもしれません。しかし船舶免許の場合には海や淡水などの制限もありますし、水上オートバイを乗る時には特殊小型船舶の免許を別途持っていなければならないのです。区分を守り乗車しなければ、海上保安庁に摘発された際には罰金などの措置を課せられてしまいます。

罰金で済めばいいですが、無免許扱いで事故を起こせば刑事事件や懲役などが科せられることもありますので軽率な行為はしてはいけません。船舶免許は難易度により費用や取得の時間が異なります。カリキュラムを受ければ90%の人が合格する、比較的に取得が優しい免許ではありますが自然と対峙する性質上免許を持っていれば安心と言うわけではありません。むしろ免許を取ってから本場のフィールドで腕を磨き、不足している部分は勉強やトレーニングをする必要性がある、自己責任の重い乗り物だと考えて構わないです。

車は乗車する比率が多く様々なアシスト機能や安全性強化、量産化による価格の引き下げなどが行われて、誰にでも安心して乗車運転出来るイメージがあります。しかし本来は高い技術力や判断力などが必要であり、さまざまなアシスト機能で補完してもらっていることを忘れてはいけないのです。道路状況だって水たまりの出来にくい舗装や、該当や見やすい路面指示などで安全運転出来る情報を整理してもらっているから運転が出来ています。海などの自然ではそういった配慮がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です