船舶免許の試験や講習を受けるときの服装や持ち物

by:

船舶免許費用資格/習い事

船舶免許は国家資格ですが、2級小型船舶操縦士や特殊小型船舶操縦士などの免許は15歳9か月から取得が可能です。船舶免許の対象となるのは小型船舶と呼ばれる船、全長24m未満や総トン数20トン未満などになります。ただ、18歳の誕生日を迎えるまでの間は限定免許で、総トン数は5トン未満に制限が行われます。20トン未満と比べると船のサイズも小さくなりますが、海域などの制限は通常と変わりませんし18歳の誕生日を迎えると自動的に通常の船舶免許になるので、僅かな期間だけ小さな船でスキルアップを行うと良いでしょう。

船舶免許を取得する方法は、国家試験を直接受験するやり方やボートスクールに通い国家試験を受験する方法、それと登録指定教習所で学科講習と実技講習を受講して国家試験が免除される3つのやり方があります。登録指定教習所の施設数はそれほど多くはないので、住んでいる地域により近隣エリアで宿泊施設を見つけて利用する必要があります。通える範囲内にある地域に住んでいる人は、自宅などから数日間通えば最短で免許取得も可能にします。なお、講習を受けるときや試験を受けるときの服装は動きやすさが重視されます。

学科講習と学科試験は服装は自由ですが、実技の場合はボートを実際に操縦するわけですから動きやすいことが求められます。それと、海上での実習になるので波などにより濡れるなどからも濡れても良い服装や靴は必須です。靴は、デッキシューズなどがあると良いのですが運動靴など滑りにくいものを使うことをおすすめします。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です