船舶免許の4つの種類と取得方法について

by:

船舶免許費用資格/習い事

ボートやヨット、そして水上バイクを楽しむための免許を船舶免許と言い、4つの種類があります。まずボートに乗るのに必要な1級と2級の免許です。1級と2級と言っても、乗る船の大きさに違いがあるわけではありません。この2つの違いは航行区域、つまりどこでボートに乗れるかの違いになります。

1級の船舶免許を持っていると、外洋でボートに乗れます。外洋とは岸から5海里(約9キロ)以上の沖合のことです。2級の場合はそれよりも内側の区域、岸から5海里以内の沿岸と呼ばれる場所で、ボートを楽しむことができます。またこの2つとは別に湖川小出力限定免許というのもあり、こちらは湖や川でバス釣りをする時に必要です。

それから水上バイクです。水上バイクの免許は特殊小型船舶免許と言われ、この免許を持っていないと操縦ができません。もし1級や2級の免許を持っていたとしても、水上バイクの乗る時は、それ用の免許を取る必要があるわけです。こちらは岸から2海里(約3.7キロ)までの区域で楽しむことができます。

船舶免許を取得するには、国家試験を受けることになります。国家試験はまず身体検査が行われ、学科と実技の試験があります。勉強方法はスクールと独学のどちらかになりますが、実技ではボートや水上バイクを操縦することになるので、学科試験は独学でも、実技関係は講習を受けるのがお勧めです。また国土交通省登録の小型船舶教習所でも受講できます。

こちらは国家試験でなく修了試験を受けることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です