船舶免許の種類と受講資格

by:

船舶免許費用資格/習い事

船舶免許は、大きく分けると2級小型船舶操縦士と1級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士の3種類があります。免許の種類に応じて航行できる船舶の種類や距離が異なっています。特殊小型船舶操縦士は、ジェットスキー免許や水上バイク免許とも呼ばれる船舶免許です。水上オートバイを操船できるようになる免許で、ウェイクボードやツーリングを楽しみたい方が取得します。

航行可能となるのは湖や川、海岸から2海里以内の区域です。取得年齢は16歳以上。視力や聴覚、弁色力などの身体基準を満たした方が受講資格を得られます。2級小型船舶操縦士は総トン数20トン未満のボート、または長さ24メートル未満のプレジャーボートが操船できるようになる船舶免許です。

航行区域は海岸より5海里となっています。海での釣りやクルージングを行いたい方が取得する免許です。身体基準を満たした16歳以上の方が受講できますが、満18歳になるまでは、総トン数5トン未満のボートのみ操船可能です。2級には湖川小出力限定の免許もあります。

総トン数5トン未満のボートを湖・川などの限定された区域で操船できる免許です。16歳から取得でき、試験内容も限られてます。1級小型船舶操縦士は航行可能なボートの大きさは2級と同じですが、全ての海域で航行可能になる免許です。ただし、沿岸より80海里以上を航行する場合は6級海技士以上の資格を持った方が乗船していることが必要です。

18歳以上で取得でき、2級の免許を未所持でも挑戦することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です