船舶免許にはどのような種類があるのでしょうか

by:

船舶免許費用資格/習い事

車に乗る時に自動車免許が必要であるように、海でエンジンがついたボートに乗る時に必要なのが船舶免許です。その船舶免許もいくつかの種類に分かれていて、内訳としてはボートや水上バイクのための免許が3種類、湖や川で釣りを楽しむための免許が1種類となっています。さらにボートのための免許は2つあり、どの海域を航行するかによって区別されています。1つは1級免許で、主に外洋を航行するためのものです。

外洋とは岸から5海里、約9キロメートル以上離れた海域のことです。もう1つは2級免許で、こちらは岸から5海里以内の沿岸で航行ができます。水上バイク免許はその名の通り、水上バイクの操縦専門の免許で、岸から2海里、約3.7キロメートルの範囲内で使えます。この免許がない人は水上バイクの操縦ができないので、まず水上バイクに乗りたいと考えている場合は、最初にこの免許を取るようにするといいでしょう。

ただしこの免許で、ボートを操縦することはできません。さらにもう1つ、湖や川での釣りを楽しむための免許があります。これを湖川小出力限定免許と呼んでいます。これらの船舶免許は国家資格となっています。

そのため国家試験を受けて取得しますが、大きく学科試験と実技試験に分けられます。実技試験は実際にボートや水上バイクを操縦するので、スクールに通うか、国土交通省に登録された小型船舶教習所で講習を受けるといいでしょう。試験以外には身体検査があって、視力と色覚と聴力の検査が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です